あなたの中のからしはどんなだい?

最近気になるのは、

みんながイメージしている「からし」という人物は
僕から見た「からし」という人と、
どれくらい一致しているのか、という事。


先日、チャット内で
「からしさんの詞すごい好きで、尊敬しています」という事を言われました。
常日頃から誰かにそういう事を言って欲しいと思っている自尊心ヤロウなので
すごくすごく嬉しかったし、
とてもとても喜んだのだけれども、
なんだか僕の事を言われている気がしなくて、不思議な感じだった。

何故かというと、

自分は自分の悪い所や嫌な所、
自分の詞の稚拙な所、
ボキャブラリーの少なさや
展開のワンパターンさなど、
ネガティブな部分ばかり目についてしまうので、
心のどこかで「こいつぁ、尊敬できねーだろ」なんて思ってしまうからだと思う。

良くないなぁ、と思う。こういうのは。
もっと素直に喜びたいのに。

でも、こういう風にも思う。

僕が僕自身、そして僕の詞の悪い所ばかり目に付いてしまう様に、
もしかしたら自分では気付いていない僕の良い所を、
その人は知っているんじゃなかろうか、と。


そう思ったら、
ますます皆の中の「からし」という人の書いた「からしの詞」が
どんなイメージなのかを知りたくなってきた。


こんな事言うのはものすごくカッコ悪いし、
ドン引きされてもしょうがないのかもしれないけど、
あえて聞いてしまいます。


あなたの中の僕ってどんな人なんでしょうか?


悪い所、たくさん教えてください。
治したいです。

良い所、万が一あったら教えてください。
伸ばしたいです。

非公開、大歓迎でございます。
覚悟はできております。

自意識過剰でごめんなさい。
自尊心たっぷりでごめんなさい。
[PR]
by karasimutard | 2005-08-02 02:23 | ♪一言
<< ブログのテーマソング 心に残る言葉。 >>