また詞の話。

何か一つの曲を好きになる時に、
僕にとっては「詞」というのがやっぱり大きな部分を占めるのですが、
多分、それを通して「人柄」っていうのがあるんじゃないかなぁ、と思う。

ブルーハーツにしろ、バンプにしろ、くるりにしろ、アジカンにしろ、
それぞれ詞のタイプは違うけれど、
やっぱりその「人柄」という部分は伝わるし、
それは雑誌のインタビューを読んだり、DVDの映像を見たり、
HPの日記を見たりしても、直接ライブに行っても分かる事で、
それで持ったその人の印象って、やっぱり「詞」の印象と同じモノを感じてると思う。

多分、僕にもっと演奏やアレンジに関して知識や才能があれば、
詞を抜きにして、「曲」だけで聞いた時に
もっと「人柄」っていうのが伝わるんだと思う。
そういう意味では本当に、我ながら視野の狭い音楽観だなぁ、と思います。
洋楽をあんまり聴かない理由もそこだしねぇ。

まぁ、それはともかくとして、
ホントに、「詞」でその人の人間性ってのは必ず出ると思う。
ストレートに感情を書いた詞でも、
不思議な言葉遣いで雰囲気を重視した詞でも。
たとえ、書かれている事が実際のコトじゃなくて想像だとしてもね。

書いた内容そのものよりも、もっとトータルで見た時に受ける印象っていうのが、
実際にその人に会った時の印象そのままだったりするんだよね。
だって、今まで僕は
ここあを初めとして、ナコナ、momo、郁、
電話だけならおっち、と それぞれ全くタイプの違う詞を書く人達と会ってきたけど、
会った時の印象って、やっぱりその人の詞の印象まんまだったもんねぇ。
もちろんその印象は多少のズレはあるんだけど、根本的なモノは変わらなかったよ。
だから、いずれも「初めて会った」とか、「初めて話した」って感じが
まったくしなかったからなぁ。
全然緊張とかしなかったよ。

だから多分、まだ会った事ない人と会っても、
きっと緊張とかしなさそうだよ。

でも、ここまで言っておきながらなんだけど、
僕って会うと、どうも印象と全然違うらしいんだよ。

それって・・・なんなんだろうねぇ?
ん~・・・。
[PR]
by karasimutard | 2006-01-25 11:06 | ♪一言
<< またまた詞の話。 あれはきっとただの日常だったん... >>