またまた詞の話。

あんまりこういう事言うのって野暮ったくて好きじゃないんだけど、
最近、急に自分が詞を書く理由ってのが
明確にわかったんだよ。

理由っていうか、理由の一つ。





簡単に言えば、

僕は作曲ができない。
楽器も満足にひけない。
歌も上手くない。
コード展開とかアレンジとかの知識もない。
だけど、音楽が好き。
自分を音楽と近い所に置きたい。
詞なら書ける。
詞を書こう。

こういう事なんじゃないかな、って思います。
作曲や演奏ができないコンプレックスの裏返しで
「だけど、俺は詞が書けるぜ」
っていう言い訳というか、自分を安心させる為の盾だった気がします。始まりは。

だけど、最近とある方の
「曲がない歌詞に力はない」
という一言でハッとしたんだな。
ホントにそう思う。
それはきっと、作曲できる人よりも強く感じていると思う。
それに、どの雑誌のどのアーティストのインタビューとかを読んでも
やっぱり言葉では表現できない部分を、
音楽、曲に掛けていて、それが更に詞に感情を与えていて、
詞が曲を更にメロディアスなモノにしていると思う。
それがとにかく羨ましいのさ。
ずっとずっと。

だからこそ、僕は詞にもっと大きな力があると信じていたいのさ。
ホントもう、自分で言うのもなんだけど、
誰よりも、言葉にできないオモイやメッセージを詞に込めてきたと思う。
そのおかげで、詞に対しても、
「雰囲気だけで中身のない詞は好きじゃない」とか、
そんな狭い価値観になったと思う。損していると思うよ、ホント。
今思えばそれも、そういう詞が書けないコンプレックスの現われだったのかもしれないけど。
それで、感情的になりすぎて、
ちょっと前までの詞とか、
「さぁ、辛いよ辛いよ。僕は辛いよ」
とか、そんな感じの僕がもっとも苦手なタイプの詞ばっかり書いちゃった気がするよ。
変にリリカルにしちゃったりして、どんどん窮屈な気がしてた。
「スパイラルタワー」前後辺りからずっと思ってたよ。
(「スパイラルタワー」はそういう意味も含めて、自分にとって大切な詞だけどね)

もちろん、伝えたい事はありました。
「世界は意外と素晴らしい」って事。
それは今も昔も変わってないと思います。
だけど、ちょっと違うのは、
前は、「ほら、素晴らしいぜ!ほらほら素晴らしいでしょう!」
って感じになりがちだったとけど、
しばらく詞から離れていた時期をはさんで、
今、考えれるのは、
「リリカルに演出したり、感情的にならなくても、
日常ってのは、それだけで何よりもドラマチックで輝かしいモノなんだな」
って事かな。
肯定も否定もしない、正しいも間違いもない、
ただ事実として存在する日常。
何も特別なコトなんかである必要はないんです。
存在してるって事は、それだけで激しい事なんだと思います。良くも悪くも。
無理に好きになる事もないし、
否定的になる必要もない。
そういう風に、リリカルな面を切り離す事で、
言葉では表現できない事も見えてくる様な気がしてます。
10人いれば10通りの受け取り方ができて、10通りの世界がある。
僕の思いやメッセージは、あくまで11個目の世界で。
それで、コミュニケーションをとる事によって、
僕の詞を真ん中にして、僕の詞を読んでくれた人と
お互い歩み寄れたら良いなぁ、と思います。
それがホントに、素晴らしい世界なんじゃないかな、と。
10人だろうが、5人だろうが、1人だろうが、
結局は1対1ですから、何人だろうと関係ないですし。
歩み寄る事で、僕はきっと自分の事を知りたいんだと思うし、
他人の事も知りたいんだと思う。
多分僕は、何かを伝えるって事よりも
コミュニケーションを取るのが好きなんだと思います。


や、矛盾した事言ってると思いますよ。
言葉で、言葉では言えない感情を表現しようとしてるんだから。
だけど、詞にはそういう力があると、信じていたいですね。
言葉自体はとても非力なモノだけど、
それを紡いでいったり、選んだり、悩んだり、迷ったり、する感情や行動は
ホントに愛しいと思います。

きっと僕は詞を書き続けると思います。
伝えたい事がなくなっても書き続けると思います。
言葉はホント、どれだけ言っても足りないですからね。

もしかしたら、こんな事
誰もがとっくにわかりきってる事なのかもしれないですけど、
ようやく僕は、文章としてそれを認識して(まとまってないけど)
そこに立てたんだな、と思います。
そう思えるからこそ、最近の自分の詞ってホントに好きですし、
今までの詞があるから、今こう言えるんだと思います。


結局、作詞が大好きだって事ですかね。
まだ全然言い足りないんですけど、
これ以上長くなってもなんなので、これでまとめちゃいます。
最後まで読んでくれた人がいるかは分からないけど、
最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。
長々とすいません。
[PR]
by karasimutard | 2006-01-25 11:56 | ♪一言
<< 作詞バトン。 また詞の話。 >>