なんだかんだ

僕は、僕が書いた詞が、
読んだ人に伝わってほしくてしょうがない。

より多くの事を

より多くの人に。

「世界は君が思っているより、意外と良い所だよ」

「君が笑えば、世界は笑ってくれるんだよ」

そんな詞を書きたいとずっと思っていた。

僕が作詞を始めたきっかけが、そんな詞との出会いだったから。

憧れた。

憧れ続けてた。

今までも。

これからも。

自分が憧れた人の様に、

自分もなりたかった。









僕の詞を読むと、優しくなれる、と言ってくれた人がいた。







涙が出た。


嬉しかった。


間違ってなかったんだと、少し安心した。





僕は僕を続けよう。



明日も明後日も



ずっと。。。
[PR]
by karasimutard | 2005-04-29 03:36 | ♪一言
<< 僕にしかないもの。 地下鉄で >>