忘れずのうた

二言めには慰めの言葉 
いいんだよ そんなに連発しなくて
元気でいるつもりなんだからさ

君は僕を消してく
ほら もう
上手く思い出せない

どれくらい近づいたっけ
ちょうど合カギを渡せなかったくらい

伝えるほど自分の話なんてないよ
耳をすます事が多くなった
倒れそうさ どすん ばたん

君は僕を入れなかった
僕も君に入らなかった
いつも受話器の中にいた

ウソではなかったと思うけど
約束は果たされないまま
おぼろげに霞んで腰をおろす

僕らが立っていた場所は
僕らが立っている場所ではない
倒れそうさ どすん ばたん

合カギ分だった距離は
じりじりと 途方なく
もう少しくらい
待ってほしかったな


楽しい事ばかりじゃないけど
それも含めて
君の望み通り

忘れようじゃないか
忘れるよ


それでも今でも
引き連れて 歩いて
磨り減って 削れて
僕の影はまた濃くなる


いつか本当に
君の事 忘れてしまうんだろう

悲しくも 寂しくもなく


どうして

どうして
[PR]
by karasimutard | 2007-05-20 11:46 | ☆くるくる
<< シャドーサウンド 絆とかつながりの意味での「一人... >>