2007年 05月 20日 ( 3 )

トラベル・エア

朝見た まだ白っぽいままの空は
まるで昨日の続きみたいだ

昔買った CDを聞いてみた
こんなに良い曲だっけ
僕を通り過ぎてった人達
不思議とよく思い出せたよ

二度と会えない人もいるんだろうな

新しい靴
まだ慣れないからスローペース
頼りになるのは
もう少し先かな

いつも 明日こそって固めた決意
空気に触れると溶けてゆく
僕の手に残るのは不吉な予感と
せつなさとも呼べない安っぽいモノ

このままでは僕は幸せにはなれないな


逃げたいんだろ
誰もいない所
そんな場所ないって
それにも気付いてんだろ
常に変化する空気に
身構えてばかりで
そのうち

壊れない心
誰に手を振るだろう
一人ぼっちに
愛された僕の全て
常に変化する空気に
翻弄されたまま
そのうち

泣きつかれて眠ってしまう


眠るよ

眠るよ


二度と会えない人
誰に手を振ってるの
彼らから見れば僕だって
立派な
二度と会えない人


目が覚めて

朝見た まだ白っぽいままの空は
まるで昨日の続きみたいだ
[PR]
by karasimutard | 2007-05-20 11:59 | ☆くるくる

シャドーサウンド

言葉を選ばなければ もっと素直になれるかな
誰にもジャマされないで 夜明けに会いに行きたいのに

伸びる影の手が僕を捕まえて
鏡の前に座らせる
まともに見れない

欠けてる音 なんだっけ
思い出せないのか
知らないのか
手の中には穴が開いてる

言葉は思ってたより もっと立体的だな
同じ材料を使って まったく別のモノが生まれた

土砂降りの雨に怯えていた
鏡の中見てみたら
それは
拍手の音だった


伸びる影の手の


誰にもジャマさせないよ
誰よりも僕をジャマできるのは
僕しかいない


忘れる事 忘れない事
サヨナラした後にまた会えるモノ
手の中から僕を見ている

欠けてる音 拾い集めて
夜明けの光と混ぜ合わせたら
鏡の影が僕の顔になる

欠けてる僕 拾い集めて
手の中には穴が開いてて
そこから取り出そう
[PR]
by karasimutard | 2007-05-20 11:52 | ☆くるくる

忘れずのうた

二言めには慰めの言葉 
いいんだよ そんなに連発しなくて
元気でいるつもりなんだからさ

君は僕を消してく
ほら もう
上手く思い出せない

どれくらい近づいたっけ
ちょうど合カギを渡せなかったくらい

伝えるほど自分の話なんてないよ
耳をすます事が多くなった
倒れそうさ どすん ばたん

君は僕を入れなかった
僕も君に入らなかった
いつも受話器の中にいた

ウソではなかったと思うけど
約束は果たされないまま
おぼろげに霞んで腰をおろす

僕らが立っていた場所は
僕らが立っている場所ではない
倒れそうさ どすん ばたん

合カギ分だった距離は
じりじりと 途方なく
もう少しくらい
待ってほしかったな


楽しい事ばかりじゃないけど
それも含めて
君の望み通り

忘れようじゃないか
忘れるよ


それでも今でも
引き連れて 歩いて
磨り減って 削れて
僕の影はまた濃くなる


いつか本当に
君の事 忘れてしまうんだろう

悲しくも 寂しくもなく


どうして

どうして
[PR]
by karasimutard | 2007-05-20 11:46 | ☆くるくる