カテゴリ:♪カテゴリご案内( 1 )

カテゴリの説明です~w

この度は、「からしの部屋(甘口)」に来てくださって
ありがとうございますー(^^)
ここは、僕、からしが書いた詞を掲載してますw

んで、カテゴリの分類なのですが、
あまり深い意味はなく、「ミュージシャンのアルバムCDの名前」、
みたいな感じで分けてますw
でも、それぞれにそれなりにコンセプトがあります。

軽く、ですけど、カテゴリの説明をしたいと思いますーw

「キミトイタヒビ」
これは、とある男女の恋の行方を追った、シリーズストーリーです。
全部の詞が繋がって、一つのストーリーになってます。
あ、できたら順番としては下から読んでください(^^;)
読みにくくてごめんなさい;;

「ヒトを繋ぐ」
それぞれの場所で、それぞれの事情で、
それぞれのヒトが、それぞれの苦悩を抱く。
そして、偶然のすれ違いを繰り返して、ヒトツに繋がる・・・。
という、ヒトの交わりを書いた短編小説的なシリーズストーリーです。
これもできたら順番としては下から読んでください(^^;)
ホント、読みにくくてごめんなさい;(T□T)ぎゃーす

「ホットドリンク」
これは、僕の彼女にあてた詞のカテゴリです。
そんなワケで、内容は実話を元にしたモノが多いです。
これからもっと増えると思います♪

「カギを開けて」
僕の初期の頃の作品を集めました。
今、自分で読み返すと、ちょっと変な気分です(^^;)
カギを開けて、の意味としては、出会いと別れをテーマにした詞が多いので、
「ヒトツの場所から、また別の場所へ旅立つ。
そしてまた、どこかで出会う。」
という意味を込めました♪
あと、初期の作品という事で、僕自身の、果てしなき作詞への旅立ち、という意味もあります。

「キャッチ アンド リリース」
えーと、基本的に僕は何かを体験、実感して、
それに少し想像を加える、という詞の書き方をしているのですが、
割合としては「実体験:フィクション」が、平均すると「3:7」くらい。
ですが、ここに収録されている詞は、他のと比べると
実体験率がやや高めだったりします。
カテゴリ名の意味としては、
オモイをキャッチして、詞として解き放つ、てな感じです。(ややこじつけです・笑)

「ペットボトル」
この辺りからあまりカテゴリ名の意味がなくなってきます(笑)
「作詞しようよ」で載せたテーマ詞と、プラスアルファが収録されています。
なぜ、「ペットボトル」なのか?
それは僕にもよくわかりません。
ただ、このカテゴリ名をどうしようかと考えている時に、
たまたま近くにコーラのペットボトルがありました。


って、このブログを作った時は
そういう事だったんですけど、その後「ペットボトル」というタイトルの詞を書いちゃいましたw
ので、まぁ・・・そういう事で(苦笑)

「スパイラルタワー」
このカテゴリの表題作である「スパイラルタワー」という詞が収録されているのですが、
その詞を中心として、僕が一時期、作詞、というコトはどういうコトなのか、
と悩んでいる時に書いていた作品を集めました。

「それはまた別の話」
上記のどれにも属さない、割と最近の詞が収録されています。
「何が別の話」なのかと言いますと、
このカテゴリに「花を探す」と「えんぴつ公園」という
二つとも「公園」を主題にした詞があるのですが、
「この公園と、その公園は別の場所ので、この二つの詞は
全くリンクしない別の話」って意味だったりします(-▽-;)
あぁ、テキトー・・・。

「手をつなごう」
これはなんというか、ヒトはやっぱりヒトリじゃ生きられないんだな、
っていうか僕はやっぱりヒトリじゃ生きられないんだな、って思った事を
つらつらと。。。
ていうか、慢性的にそういう風に思ってるんですけどね(^^;)


また新しくカテゴリが増える度に、また解説を書きます~。
[PR]
by karasimutard | 2005-03-26 07:14 | ♪カテゴリご案内