<   2005年 05月 ( 39 )   > この月の画像一覧

無駄。是必要。

小学生の時、ペンを回したり
輪ゴム鉄砲したり、下敷きを人差し指にのせて回したり、
あとは、手を広げて机にのせて、
指の間をえんぴつでダダダダダッてつついたり(コンパスでやる猛者もいた)、
そんなたとえ世界一の達人になっても、自慢にならないような、
職業にもならないような、そんなムダなテクニック。

夢中になってやってた気がする。

正直な話、できたからって偉くもなんでもないし
できなくても特に何も困らない。

でもさ、

そういうのって、勉強とかよりも遥かに楽しかったのも事実。
ムダな事ほど没頭するんだよなぁ。

最初のきっかけは「なんとなく」なんですよ。
なんとなく始めて、癖になって、なんか上手くなって、
友達に見せたら「おぉ、すげぇな」なんて言われちゃった日にゃぁ、
よりスゴイ事やってやろうと必死になって改良に改良を重ねて
新しい技なんて生み出しちゃったりして。
で、他のみんなもなんかマネしだして、
その中に「天才」とかが現れて、尊敬とかされて、
切磋琢磨して、互いの腕を磨いて、ライバルなんてできちゃって、
大会なんていう事にまで発展して、
こうして一大ムーブメントが訪れる。

終いにゃ、
「何組のだれだれが、両手で下敷き回せるらしいぜ!」とか
「こないだあいつが目隠しでコンパス使って指抜き(こう呼んでた)してたらしいぜ!」とか、
そんな「伝説」まで創られて
どこまでホントでどこから嘘かも分からないような噂も流れる始末。

勉強できなくても、運動できなくても、ゲーム下手くそでも、

誰にでも、ヒーローになれるチャンスがあった小学生時代。


でも、どんなブームでも必ず終わりは来る。
誰かが一人、「飽きた」という理由でやらなくなって、
一人、また一人と抜けていく。
季節が変わり、外が暖かくなれば
「ドッジボールやろうぜ!」なんつって、校庭が賑わえば、
所詮は不健康なインドアテクニック。
あっというまに冷める。
というより、醒める。

勉強もスポーツもダメなやつほどこういうのに夢中になっていて、
頂点を極め、英雄だったやつも一夜にして一転、
「お前ドッジボール弱いな!」
なんて言われて玉座を追われる。

その栄光は誰の記憶にも、どこの記録にも残らない。


そしてその英雄も、いつしか飽きてしまい、
こうして完全に幕を閉じる。。。



だけどさ、たまたまこのブームは廃れちゃったけど、
もしかしたら、これが世界そのものを変えてしまうほどの崇高な
「芸」となる未来もあったのかもしれないよ。

音楽だって彫刻だって陶芸だって絵画だって、
全ての芸術は
原始の時代までさかのぼれば始まりは
「なんとなく」
だったのかもしれないよ。

いたんだな。
人類史上始まってから、初めての「暇人」が。

狩りも家事もできない役たたずなやつが
家で留守番中に
暇で暇で、しょうがなくて
とりあえず骨とか叩いてみて、
で、叩く箇所によって音が違う事に気付いて
色々試していく内になんか楽しくなって。

多くの人は、
「そんな無駄な事やめて、狩りの仕方でも覚えな!」
なんていうんだけど、

その中でも、数少ない理解者が現れて

一緒に色んな音を探すことに夢中になって、

中には草で「笛」なんてモノを作り出しちゃう「天才」とかも現れて

ある時、「音はもしかしたら無限の可能性を秘めているのかもしれない」
なんて考えちゃう「思想家」なんてのも現れちゃって、


きっとその立役者となった人たちは、やっぱりみんな狩りも家事もできない
暇なやつらだったんじゃないかな。


こうして原始の時代に「音楽」ってモノの基盤ができたんじゃないかな。

全ては、「なんとなく」から始まって。

「そんな無駄な事・・・!」なんて言われてたけど、

「芸術」の始まりってこんな感じな気がするよ。

心の余裕。

時間の余裕。

そんなモノが織り成す。



無駄。是必要。



むしろ、無駄とも思える遊び心がないとなぁ。



しかし、相変わらずなっげー文章。
[PR]
by karasimutard | 2005-05-29 05:26 | ♪一言

いん ざ とれいん。

昨日、仕事の帰りの電車の中。

別に聞こうと思った訳じゃないけど、
周りにいる人の話が聞こえてくる時ってあるじゃないですか。


僕の後ろで二人の二十歳くらい男が喋ってました。

最初は全然聞いてなかったんだけど、
ふと、1人が言った言葉が耳に入ってきました。


「なんだよ、お前それ。聖飢魔Ⅱのベースかよ!」











どんな、ボケすりゃそんなツッコミがもらえんだ!?(@□@;)




おかげで、頭の中が蝋人形の館でいっぱいになりました。

お前も蝋人形にしてやろうかっ!?
[PR]
by karasimutard | 2005-05-26 11:44 | ♪一言

ようやく

僕は「自分の詞」を書けるようになったのかもしれません。

僕の中の誰かの詞、ではなく。

僕の中の僕の詞。


今の方が、逃げ場がない分心が痛い。

だけど、やめない。
[PR]
by karasimutard | 2005-05-26 11:39 | ♪一言

おや?

自分のブログをなんとなく改めて読み直してみたら、

なんか、暗いな!Σ(@▽@;)

おー!?ちっとも面白くねー!!


せめて楽しい事書こう。

うん。
[PR]
by karasimutard | 2005-05-25 05:19 | ♪一言

天才についての考証。

天才。

その言葉にはいつも羨望と悲哀が交錯したような、複雑な気持ちになる。


天才は、「むき出し」なんだと思う。
心を開けすぎるほど開けている。ひたむきに。
だから良くも悪くも、賛否に苦悩を常に抱え続け、
批判に心を痛め、
期待にプレッシャーを感じ、
壊れてしまうのかもしれない。


それとこれとは違うけど、


「作詞しようよ」のサイトで、なんだかんだ一番才能を秘めているのは
あのコだな、と思う人がいる。
あえて名前は出しません。
きっとそのコは否定するだろうし、
それを聞いて彼女にとって良い事になるかどうかはわからないから。


でも、「天才」なんじゃなかろうか、と思う。
少なくとも、僕の中で彼女を形容する時にはこの言葉がしっくりくる。

彼女も「むき出し」になろうとしている。
常に苦悩を抱え、痛くても、それでも書く事をやめない。
言葉、というものに強い憧れやコンプレックスを感じている。
でも、「自分」であろうとする彼女の文章は美しい。

なんというか。。。上手く言えないけど、

彼女は深い考えを持っていて、
一つ一つに強いインスピレーションやパワーを感じている。
きっと、こう感じるのは僕だけじゃないハズだ。


これは、自惚れかもしれないけど、
彼女と僕には共通点が多い。
他の人とはできないディープな話ができる人の1人でもある。

でも、僕は天才ではもちろんない。
天才に憧れてるけど。

そう、僕は彼女に憧れている。
同時に嫉妬も感じている。
彼女の文章が大好きだ。
一言で言えば、大ファンだ。


もし、実際に会う機会があったとして、
色んな事を、思うままお互い話し合えたら、
僕らは今よりもっと「良い友達」になれる気がする。

「恋愛には発展しない男女の友情」

そういう言葉があるとしたら、
彼女ほどピッタリとハマる人物はいないのではないか。

そんな風に思うのです。


君は君が思っている以上に、すごいんだよ。
僕は僕を続けるよ。明日からも。
君も君の言葉で、君を続けてください。





てか、バレバレかあーー;!?
[PR]
by karasimutard | 2005-05-25 05:07 | ♪一言

ここ数日

右目が異常に腫れて、光を浴びると
無数の針でつつかれるような痛みが走ってたので、
ちょいとネットから消えてました。
(無理して一回チャット行ったけど、痛みを堪えてたらむちゃくちゃなテンションになった(^^;))

でも、大分良くなったので復活~♪

最初は痛くて作詞もままならなかったけど、
逆に色々と考える事もできて、良かったかも。

とりあえず分かったのは、
僕は常に心を動かしてなくちゃダメになっちゃうんだ、て事。

色んな事を素直に見たり聞いたりして、
良いモノには素直に感動したりしたいな。
あーだこーだ言う前に、さ。

自分を含め、とりあえずあーだこーだ言う人が多い中、
しっかりと作者さんの「小さな声」を聞き取れるように、自分自身なりたいなと
切に思いました。

伝えたい事を伝えるより先に、
まず自分が誰かの伝えたい事をしっかり受け止められるように。

その為に、自分の中にある
カビの生えた固定観念や、批判する事で感じる一種のエクスタシーとかに
ハナクソでもつけて生ゴミの日にでも出しちまえばいいや。
あ、あとIQとかね。捨てちゃえ。

いつでも感動していたい。
だからこそ、僕は常に素直でいたい。

まぁ、誤解されてるんだと思うんだけどさ。
でも、僕が誤解されてても、その人の「小さな声」に耳を傾けられるような
度量とか余裕とか器とか、そういうモノをもっと磨きたい。

僕は僕の答えを出すよ。

僕の言葉で。
[PR]
by karasimutard | 2005-05-25 04:21 | ♪一言

伝わる事の喜びと、伝わらない事の面白さ。

僕はいつも、伝えたい事があって詞を書いていますが、
「じゃあ、伝えたい事ってなに?」
と聞かれたら、きっと正確には答えられないでしょう。

というのも、「伝えたい」と思う事は、必ずしも
自分の中で理路整然とした意見だとは限らないからです。
「上手くいえないけど、なんかこう・・・こういう感じ」という気持ちを伝えたくて、
それが上手く伝わるように、自分の中でたくさんの言葉や
比喩や経験談などを駆使して詞を書くのですが、
自分が感じたその「オモイ」に近づける事ができればできるほど、
自分の中で「良い作品」が書けた、と思います。

だけど、そういう作品を生み出せる事はごくごく稀で、
僕は自分の気持ちを伝える事が、
というよりも、自分自身はっきりとその「オモイ」を正確に把握する事が
ど下手くそなので、上手く書けない事のほうが何倍も多いです。
そしてやっかいなのは、その時々によって自分の「オモイ」の形が
少しずつ変化していきます。
それと同じように、全く変化しないモノもあります。
変わり続ける「オモイ」と変わらない「オモイ」。
この二つの「オモイ」が、ある一つの形になった瞬間を一つの詞として
書くのですが、難しくてうまくそれを表現する事ができません。

だけど、どうしても伝えたくて、僕は何度も詞を書き続けます。

こうして自分なりの「オモイ」を込めた作品を投稿します。
「自分自身、完璧には把握できなかったけど、なんかねぇ、こういう事を思ったんだ。
わかってくれるかな;?」という願いと共に。

そしてその詞を読んでくれた人に「僕のオモイ」が伝わってくれれば、
すごく嬉しいです。この喜びに理由はありません。
表現者の本能かもしれません。

だけど、だからといって、「完璧に僕のオモイを理解してくれなきゃ嫌だ!」
という訳ではもちろんありません。
だって、自分自身理解していないのですから。

そこに、「伝わらない事の面白さ」があるのです。

一つの詞を読んで、どんな事を感じるかは十人十色だと思います。
その十人の中には、作者本人も含まれています。

例えば作者の僕は「A」という気持ちを持って詞を書いたとします。
だけど、自分自身その「A」を上手く表現できなくて、できあがった詞は「A´」だとします。

誰かが「A´」の詞を読んだけど、価値観が全て同じではないので
「A´´」という事を思ったとします。

作者が本当に伝えたい事は「A」だけど、伝わったのは「A´´」です。
だけど、「A´´」も正解なんだと思います。

そして、また別の誰かから見れば「A´´´」や「A´´´´´」や、
もしかしたら「B」や「C」、もしくは全然違う「(・ω・)」という事を思ったとします。

だけど、全部正解なんだと思います。


「A」というオモイで「A´」を書いたけれど、
読んだ人が思った事が「A´´」や「(・ω・)」だったとしても、
「A´」を読んで思った事である事には間違いありません。



人によって、何が自分にとって必要、大切なのかは違います。
もしかしたら、その人にとってみれば「A」よりも「(・ω・)」の事の方が
その人の人生にとって重要な意味があるのかもしれません。
時としてその人の中から溢れ出てきた「(・ω・)」の思いによって
救われる事があるかもしれません。

そのきっかけとして僕の詞の存在があったのならば、
表現者としてこれほど嬉しい事はありません。

だから僕は、たとえ「A」を上手く伝える事ができなくても、
ほんの少しでも何か心に触れるモノがあって、何か思う事があるのなら、
それで充分嬉しいのです。


だけどやはり僕は「A」という気持ちで「A」という詞を書きたいのです。

だから、「A´」や「A´´」ではなく、より「A」に近づけるように、
誰が読んでも「A」と思えるような詞を書きたくて
僕は続けているのだと思います。

でもきっと、完璧な「A」になる事はないと思います。
もし「A」を書けたら僕は、作詞をやめると思います。

矛盾しているようだけど、「A」を書いて満足したいから
詞を書き続けていますが、満足したらそこで終わってしまいます。
だから、完璧な「A」は、永遠に書きたくありません。


作詞をやめたくないから。


最初の話しに戻りますが、
僕はいつも、伝えたい事があって詞を書いていますが、
「じゃあ、伝えたい事ってなに?」
と聞かれたら、きっと正確には答えられないでしょう。


答えられないから、詞を書いています。




僕にとっての「A」とは、「世界は意外と素晴らしい」という事。




みなさんの「A」はなんでしょうか?






って、この文章も上手く書けなくて、「A´」になってる気がするなぁ(笑)









っていうか、そういうのって理屈じゃないんだよなぁ~。
感覚というかセンスというか思想というか。。。。。
う~~ん・・・・。
深いぜ。



まー、簡単に言えば「作詞って面白いなー。楽しいなー。」って事か。



ここまで長い文章を書いておいてなんなんだけどさ(笑)
たった一言で済ませちゃったよw
[PR]
by karasimutard | 2005-05-19 07:45 | ♪一言

今回の事件について正直に思う事を言えるだけ全部。

この度は、空き巣という事件に出会い、
皆様に多大なるご心配をかけてしまって、申し訳ないという気持ちを抱くと同時に、
すごくすごく嬉しい気持ちでいっぱいです(T▽T)

僕にたくさんの励ましのお声をかけていただいて、
ホントに、ホントに、ありがとうございます;;

そして、大家さんや警察の方々や、両親や兄に、
多大なる迷惑をかけてしまい、ホントに申し訳ないです;;


抱えきれないほど、たくさんの「ありがとう」を全ての人に贈りたいと思います。



そして今回の事で僕が感じた事。
下の記事の皆様のコメントへのレスを繰り返してしまいますが、
一つ、正直な思いをまとめておきたいと思います。

まず、不思議なほど犯人に対して怒りや憎しみはまるで感じてないんです。
自分でも嘘みたいですが、犯人が捕まって牢獄へでもぶちこまれれば良い、とか
てめーの金を俺が盗んでやろうかこのやろう!
って気持ちも、なんだか全然わいてきません。

ただ、たくさんの人に心配と迷惑をかけてしまって、申し訳ない、って気持ちが
心を埋め尽くしています。

それに、今回僕が盗まれたのは、僕の不注意が最大の原因だと思います。
もちろん盗る方も悪いのですが、盗られた自分も悪いのです。
きっとそれが、犯人に対して怒りが全くわいてこない理由の一つです。
自分自身に対して怒りを感じています。

もちろん、今回盗られたのは僕ですが
これが他の誰かだったら、犯人に対して激しい怒りを覚えていると思います。

なんて言ったらわからないのですが、例えるならば
「俺の事は何言われても良いよ。でも、俺の友達の事をとやかく言うのは絶対許せない!」
って気持ちに似ている、と言えばわかっていただけるでしょうか?

だから、僕に代わり、皆さんの犯人に対して抱いていただける感情が
とても嬉しいです;ありがとうございます;;

だけど、どうか、どうか、犯人だけを悪く思わないでください。

僕だって、同じくらい悪いのです。

罪を憎んで人を盗まず。
今回僕が思ったのは、「人」は犯人の事で、「罪」は自分の不注意の事だと思います。
因果応報。
そんな言葉が浮かびます。

だけど、誤解しないでほしいのは、繰り返しになりますが、
だからといって、他の誰かが盗まれたのなら、
それは絶対に盗んだやつが悪い!
僕はそう思うと思います。

「盗る方も悪いが、盗られる方も悪い」
これはあくまで、僕自身の身に起きた場合だけ、
自分の中ではあてはまる言葉だという事を、ここで強調しておきます。
なぜなら、僕はみなさんが大好きだからです。

大好きな人だから、盗られて悪い、だなんて思いたくありません;

そしてまた繰り返しになってしまいますが、
だからこそ、皆さんのお気持ちが、
すごくすごく嬉しいです;;

本当にありがとうございます;;


良い経験になったと思います。
高い授業料ですが、勉強になったと思います。
現金だけで、印鑑や通帳などの貴重品や
お金には変えられない思い入れのあるモノが盗まれなくて良かったです。
僕の身体も無事です。
幸いその授業料も保険のおかげで返ってきそうです。


このような犯罪が、なくなれば良いとは思いますが、
でもなくなってないおかげで、僕は一つ成長できそうな気がします。
変な話、そういう意味で、犯人に対して一種感謝の気持ちを感じています。
さすがに、盗んでくれてありがとう、とまでは言えませんが(^^;)

でも、こんな事があっても
たくさんの事を考えさせてくれ、たくさんの感謝の気持ちをくれる
この世界は、やっぱり素晴らしいと思います。

そう、信じています。


改めて、皆さんに感謝の気持ちを述べたいと思います。

本当に、ありがとうございます。
こんなにたくさんの優しい人々にかこまれて、僕は幸せです。


せめてもの恩返しに、僕が学んだ教訓の一つを記す事で
この長文駄文をしめさせていただきたいと思います。


「現金を家に置いておくなら、見えない所に隠しましょう(笑)」



あ、あと通帳と印鑑も一緒に置いておかない方が良いね。







あ、あと、保険は入っておいた方が良いと思います(笑)
[PR]
by karasimutard | 2005-05-19 05:53 | ♪一言

こりゃ逆転ホームランか!?

空き巣の件ですが、大家さんに報告しに行った所、
自分はこの部屋を契約した際、不動産屋さんを通したんですが、
その時に、保険に入っているハズだから(覚えてないけど)、
被害届で報告した値段が20万以下なら返ってくるそうです!(@▽@;)
素晴らしい!これで僕の11万4千円も返ってきそうですー!(T▽T)
窓もその保険で直してくれるらしいですーw

良かった~;一安心です;

皆様、ご心配をおかけしました(TT)

俺、皆に心配かけてばっかりだなー;

ごめんなさいです;;
[PR]
by karasimutard | 2005-05-18 15:01 | ♪日記

実感はまるでない。

昨夜、仕事に行っている間に、
空き巣に入られました。
戸締りは確かにしていました。
出る時も帰ってきた時も玄関のドアは閉まってました。

帰ってきたら、消したハズの電気がついてて、
窓が割られてました。

置いてあったお金が全部盗られました。。。




生まれて初めて警察に電話をしました。
生まれて初めて被害届と言うモノを書きました。
生まれて初めて生で鑑識課の刑事さんを見ました。

銀色の粉を窓や壁にぽんぽん付けて指紋を採取したり、
部屋の間取りを書いて、詳しい状況を記録したり、
ドラマやニュースの中での出来事だと、なんとなく思ってた事が
昨夜僕の部屋で行われました。

日本の警察はどーのこーの、なんていう意見をよく聞きますが、
とてもとても優しくて、頼もしかったです。

全然実感はなかったのに、鑑識さんに来ていただいた時の第一声、
「大変だったねぇ」を聞いたとたん、すごく嬉しかったです。


部屋は荒らされた形跡はまるでなく、現金だけ盗られました。
普段は部屋に現金なんて置かないんですけど、
その日はたまたま、帰ったら大家さんに払いに行こうと思っていた
家賃を置いていました。

完全なる、僕の不注意でした。
東京を甘く見ていました。



やはりこういうケースでは、お金はまず戻ってこないそうです。



今月、これからどうしよう?





でも、こういう事があっても、
自分が生まれた東京を嫌いになんてなりたくないし、なれない。

こんな事があっても、
世界は素晴らしい、と信じたい。


お願いだから、信じさせてくれぇ~;;
[PR]
by karasimutard | 2005-05-17 14:39 | ♪一言