<   2006年 01月 ( 53 )   > この月の画像一覧

たまらん。

作曲ができない事へのコンプレックスで
作詞を続けてきた、

という事を、今まで、ホント何年も
見ようともしなかった(もしくは見る事を避けていた)、
僕の本音を自ら認めてからというもの、
僕の中で何か大きな衝動が爆発した。

ホントにもう、
詞だけでは全然足りないんだよ。
たとえどんなスゴイ詞を書けたとしても、
それだけでは絶対に満足できないと思う。
[PR]
by karasimutard | 2006-01-27 11:38 | ♪一言

もう!

音楽が好きだ!
作詞が好きだ!
作曲が好きだと言える様になりたい!
今は好きも嫌いも言えないよ!
[PR]
by karasimutard | 2006-01-27 11:33 | ♪一言

頭の中で何かがバーン!となって弾けた。

「チャットモンチー」というバンドをご存知ですか?
去年の暮れ前くらいにデビューした、女の子3人組バンドなんですけども、
僕は基本的に女の子バンドっていう形態が、ちょっと憧れるというか、
単純に可愛らしいな、と思って興味を持つ事が多いんですけど(スピーナとか典型ね)、
まだ楽曲は聴いた事なくて。
単純に、どういう音楽か分からなかったし、お金もなかったから。

んで、ロッキングオンジャパンの去年の12月号は
くるりのロングインタビューが掲載されていたので購入していたのですが、
たまたまそこにチャットモンチーのインタビューも載ってたんですね。
暇つぶしのつもりで読んでみたら、メンバーのひとりが、

「私はくるりも好きだし、バンプもアジカンも好きで・・・」


って、おいおいおーーーい!!

何か弾けた。
何かが頭でバーン!

これはお金が入ったら、買うしかないな。

もちろん彼女達のサウンドが、その3バンドのいずれかの音に
似ているとか似ていないとか、そういうのを期待している訳じゃなくて、
全く違う方向性の音楽だったとしても、
どこかでセンスは繋がるモノだと思うから、
きっと僕にも繋がりそうだな、と。
それによって、僕もまた新たなに世界が広がればな、と。

まぁ、御託とかそんなのはいいや。

とにかく聞いてみたい!
ただそれだけ。
[PR]
by karasimutard | 2006-01-27 10:39 | ♪一言

妙にゴロが良い。

いい国つくろう 藤原紀香。

さぁ、声に出して言ってごらん。
[PR]
by karasimutard | 2006-01-27 09:37 | ♪一言

ホントに今更で申し訳ないんですけど

ア○コの「こども保険」のCMは、
ツッコミどころが満載で面白すぎるんだけど、
一番面白いのは、体操のお兄さんたる人が
リアルなお金の話をしてしまう所ではなくて、

「普通が一番ですよ。普通が。」

って言ってるお子さんが、一番キャラが立ってる所だろうなぁ。
[PR]
by karasimutard | 2006-01-27 09:17 | ♪一言

「作詞バトン」について

「作詞バトン」をこれからやられるお三方へ。
あ、関係ないけど日本語で「屁」は「へ」だけど、
フランス語だと「へ」に丸をつけて「ぺ」と言います。

えーと、「作詞バトン」の質問の内容をちょっと変えます。
momoが言うように確かに長いし、
他に聞いてみたい質問もありましたので、
少々内容を変更させていただきました。

お手数ですが、下のをクリックして
そちらの質問フォームからお答えください。

ご勝手ながら申し訳ありません。

ありがとうございます。

こちらが新しいバトンです。
[PR]
by karasimutard | 2006-01-27 08:20

おもしろリンク。

松田龍平が好きです。

中でも「青い春」という映画が気に入っています。

その「青い春」の監督さんは豊田利晃という人です。

豊田さんは、アジカンの「君という花」、「サイレン」のPVの監督さんもしています。
(元々、アジカンの後藤さんが豊田監督のファンで、PV撮影を依頼した。)

アジカンはくるりのファンだそうです。

くるりの岸田さんが、バンプの詞を褒めていました。

僕はバンプが好きです。



収拾つかないし、まとめる為に、
ちょっと無理矢理な所もあったけど、
でもなんでも良いから、
自分の好きなモノをどんどんリンクさせて、
例え、途中どっかで止まったとしても、自分が知らないだけで
繋がり方や、広がり方は無限にあると思うし、
どこかで枝分かれして、派生していってもいけるだろうし、
ホント、色んな巡り方をして、
いつかどっかで自分にまた戻ってくるんじゃないかな。

ちょっと面白い。

センスってやっぱりどこかで繋がってるのかな。
だから共感したりするのかな。

「友達の友達はみな友達」ってこういう事かい?

「It`s a small World」ってこういう事かい?

おヒマがあればどうぞお試しくださいませ。
[PR]
by karasimutard | 2006-01-27 08:15 | ♪一言

いつだったか。

とある本を読んでいる時に、

「自分のコトしか考えてないなんて、
君ってホントに、根っからアーティストだよね」

というセリフがありました。

どきっとした。

自分にも当てはまる気がするよ。

だけど、

喜んでいいものやら、どうやら。

ちなみに
[PR]
by karasimutard | 2006-01-27 07:55 | ♪一言

日常を詞にする事。

幸せじゃない瞬間も、幸せなんだな、と思います。
そう、思う様にしていければ、と。
[PR]
by karasimutard | 2006-01-27 07:53 | ♪一言

成長する作品。

「詞の話はひかえよう」って言ったばかりだけど、
どうしても詞の話になってしまうな。
我慢できん。


ここに載せてある詞を、ずいぶん前のから読んでみたけど
いくつかは、書いた直後の時とは違う印象を受けたよ。

すごい良い詞だな、と素直に感じた。
自分で言うのもなんだけど、
まるで自分で書いたんじゃないみたい。

あぁ、これは作品が成長しているんだなぁ、と感じました。

「作詞しようよ」の様な形態の場だと、
一つの作品を出したら、どんどん流れていつしか消えてしまうから
どんなに気に入った誰かの作品があったとしても、
ずっとその全てのフレーズを記憶の中に留めておくのは難しい。
保存とかしておければ別だけど、そういう訳にもいかないもんねぇ。
ブログとかに載せてても、ぶっちゃけ、あんまり見ないだろうし。
自分のですら、ほとんど見る事は少ないし。

本来ならば、一つの作品は作って終わりじゃないんだよね。
掲示板にUPする、っていう時点での最終段階だとしても、
それはあくまで「生まれた」ってだけで、
それからずっと成長していくモノなんだよね。

「このCDを前に聴いた時はピンと来なかったけど、
久しぶりに聴いたらすごい良かった。」

っていう経験はきっと誰にでもあると思うけれど
きっとそれが望ましいあり方なんだと思う。
(もちろんファーストコンタクトで、一気にハマる事も当然ある。)

だからねぇ、ますます
僕の詞を、できればCDという形にして残しておきたいな、と思います。
で、おこがましいけど、
どれか僕の作品の中で、誰か気に入ってくれていた人がいれば、
その人の元へ届けたいなと思います。
それで、その人がいつでも手元に置いておいて、
ふとした時に聞いてくれたら嬉しいな。

その人の為、っていうのももちろんあるけど、
ひいては僕の為に、
いつかは、いつでも良いから、曲をつけてCDにしたいな。
全部の詞につけられなくてもね。

まず、作曲できるようにならんとなぁ。
「伝えたい」っていう気持ちが、詞だけじゃ全然足りなくなってきてるよ。

ここから先は残念な話。見たい人だけ。
[PR]
by karasimutard | 2006-01-27 07:37 | ♪一言