<   2005年 05月 ( 39 )   > この月の画像一覧

子供の眼。

ふと思い出した事なんだけど、

僕が小学校2,3年生くらいの時に、国語の授業で生まれて初めて詩を書いたんですけど、
その時書いた詩を先生がとても褒めてくれて、すごく嬉しかったんです。
すごく嬉しかったから、その後も文章を書く事が好きになって、
興味を抱いて、本を読むようになり、詩を書いて、小説を書いて、
音楽に出会って、詞を書くようになったんだと思います。
だから、あの時褒めてもらった先生にはすごく感謝しています。

それで、その時に書いた詩ってのが、確か



自然は小さな合唱団

自然は小さな合唱団



風が ひゅるり ひゅるり

落ち葉 がかさかさ かさかさ

滝が どどどどどど

火が ぼやぼや ぼやぼや

木が ざなざな ざなざな

朝日が しゃーーーーーーーーー・・・・ん



自然は小さな合唱団

自然は小さな合唱団







確かこんなんだったと思います。
なんか、なんていうか、
自分で言うのもすごくなんなんですけど、
すごく素直な詩で、そこには計算も偽善もかけらほど感じられなくて、
ただ、本当に何も考えずそういう風に聞こえたんだろうなぁ、昔の自分は。
今の汚れちまった自分を疎ましく思うのと同時に、
すげぇなぁ、とも思います。

今の僕が詞を書く時に一番欲しいモノは、素直さだと思っているのですが、
それは一番初めに自分が持っていたモノの様な気がします。

子供の眼が欲しい。

画家のパブロ・ピカソが晩年に残した言葉があります。

「やっと子供になれた。子供になるのに何十年もかかってしまった。」

彼は何も考えず純粋にモノを見れる子供の眼から見た絵を描きたかったんですね。


ピカソは何十年もかかりました。

僕は子供になるのに、どれくらいかかるだろうか。。。


今、僕が読んでみたい書物は、
小学生が書いた詩や作文。

きっと、涙が出るかもしれないな。

嬉しくて。
[PR]
by karasimutard | 2005-05-16 04:05 | ♪日記

please god

Hi.

do you have any motibation or meditation?
mine is everything turn be sadness, happiness, or something like that.

all my time and thinking are fucking ass hole
when I feel down with darkness.

not only sadness, but also

may happiness come to you.

I needed was love.

but, I don`t know.

I`m sorry, that I cry.

でも、happinessは「幸せ」には訳せない気がするよ。
同じようにloveは「愛」には訳せないと思う。
みんな同じような意味として使ってるけどさ。
[PR]
by karasimutard | 2005-05-15 08:38 | ♪一言

あいやや。

ちょっと更新サボっちゃったな。
カレンダー埋まるのが面白かったのにー(;ω;)
まぁ、いいか。
また来月頑張ろう。

てかまぁ、PC自体触ってなかったんだけどね。
特別忙しかったとか、どっか行ってたとかじゃないんだけど。

作詞サイトにも行ってないや。
で、さっき行ってきたらレスが増えてて嬉しかった。

で、最近ちょっと思うのは、僕があのサイトに行き始めた当時の常連さん達は
今はあんまり姿が見えなくて、寂しい。
すっかり世代交代しちゃった感じもする。僕も「昔の人」になったんかな?
う~ん。。。

色んな事情があるんだと思うけどね。

僕もいつかは、自分の意思に関係なく、あんまり行かれなくなるのかな。

ブログも続けられなくなって、あのサイトを通して友達になった人たちの「環」から
いなくなっちゃう時が来るのかな。

そうなった時、誰か覚えていてくれるだろうか。

忘れられたくないから、詞を書いているのだろうか。
もちろんそれも理由の一つとしてある。

うーん。。。

僕に何ができるかな。
ここで止まってたり、弱ってたりしてる場合じゃないんだ。

頂点へ上昇する花火だから、
路上で往生する訳にいかん。

なんてな。
[PR]
by karasimutard | 2005-05-15 06:02 | ♪一言

リーフ

例えば 喜びの唄だと思ってけど
ホントは とても悲しい唄だったりする

君は大きな樹の下
揺れる葉を いくつも抱えてる

大事なモノはいつでも失ってから
初めて 分かるモノだと知ったのはいつ?

君は愛されてたいのに
揺れる葉で 隠してしまうんだ


ひとつの言葉
その影に潜む
小さな声に
耳を傾ける

生命の樹の中で 包まれてるオモイ
守られる様に 静かに光ってる





例えば 悲しみの唄だと思ってたのに
ホントは とても優しい唄だったりする





君の生命の樹
そっと触れて抱きしめる
大丈夫 怖くない

悲しみ色の葉
苦しい色の葉

全部抱えて 一緒に行こう





ひとつの言葉
その影に潜む
小さな声に
耳を傾ける

生命の樹の中で 包まれてるオモイ
守られる様に 静かに光ってる

君の生命の樹
痛む所にキスをする
大丈夫 見つかるよ

笑った色の葉
喜び色の葉

全部抱えて一緒に行こう

失った大事なモノ 取り戻せるから
とても悲しい唄も 優しくなれるから



君が好きだから 





一緒に行こう























立ち上がる君の手と
重なる僕の手の中に


光る一枚の葉
[PR]
by karasimutard | 2005-05-12 05:54 | ☆マグノリア

パラノイアレイン

前から言ってる事なんだけど
雨は決してキライじゃないんだ

蒼い世界 僕の周りに音を立てて
全てを超越するスケールで
くすくす笑う 
今日はなにも考えなくて良い

頭の中に紙が一枚
何を描こうか迷っているんだ

怖くないというのはウソだけど
心ばかりの拍手を贈ろう


雨がふるこの世界に
パラノイアは必要なのだろうか
全ての罪を流してくれはしない
痛くて痛くて 耐えられない




前から言ってる事なんだけど・・・
怖くて泣いてるワケじゃないんだよ・・・






白い紙に 何を描こうか迷っている
元を辿ればそれはシンプルで
ふわふわ踊る
あとはもう何も考えなくて・・・


真っ白な紙の世界
パラノイアの声は届くだろうか
乱反射する弾道の軌跡に
乾いて乾いて 拍手をする



蒼い雨が ゆっくり手を振って
虹が現れる
僕はこの紙でヒコーキを折って
虹の上を 見てみる




怖くないといえばウソになるけど
この機体が雨に落とされても
心からの拍手を贈ろう



蒼いパラノイアの世界が晴れて
乾いて 乾いて 痛くても



それでも 僕は 虹を見続ける事を




やめない。。。


やめない。。。





やめない。。。
[PR]
by karasimutard | 2005-05-12 05:54 | ☆マグノリア

ピンクのドレスを着た白い猫。

僕の部屋に飾られている絵です。

こいつを題材に詞を書いた事があります。

ドレスっつーか、コルセットだけど。

にゃ~ん。
d0011933_5503218.jpg

[PR]
by karasimutard | 2005-05-12 05:49 | ♪一言

正義のヒーロー。

おせんべいまん、参上。

顔が長いぞ。

わっはっはっはっは。


良い子は食べ物で遊んではいけません。


d0011933_5375066.jpg

[PR]
by karasimutard | 2005-05-12 05:36 | ♪一言

オイラは可愛そうな悪魔なんだ。

「からしの動く城」。

今夏、ロードショー(予定)。

CDラックの上に鎮座ましますカルシファー。

触ると、もこもこしてます。可愛いです。
d0011933_5304854.jpg

[PR]
by karasimutard | 2005-05-12 05:29 | ♪一言

ちなみに

ガチャピン。
ちょっとズレてる。
d0011933_5252824.jpg

[PR]
by karasimutard | 2005-05-12 05:24 | ♪一言

いつも

こんな絵ばかり描いている。

藤子先生ごめんなさい。


体は適当。
d0011933_5242666.jpg

[PR]
by karasimutard | 2005-05-12 05:23 | ♪一言